飲食店.居酒屋

中華料理には沢山の種類があります。国が大きいため、様々な文化が生まれてきました。そのため、食文化も広大な国土と同じように沢山の種類があるのです。そのため、一言で中華料理といっても、色々な種類があるのです。

 

有名な中華料理には北京料理、上海料理、四川料理、広東料理の4種類あり、これらの4種類の中か料理のことを「中国4大料理」と呼んでいます。北京料理は北京を中心に広まった料理で、ブタや羊や鴨などと言ったお肉の料理が中心です。炒め物や揚げ物も多く、日本人におなじみの餃子や肉まんは北京料理の一つなのです。もちろん北京ダックも北京料理です。また北京は内陸部のため、シーフードが食材として使われる事はほとんどありません。逆にシーフードを多く食材に使うのが上海料理です。海にも近くエビやカニなどを使った料理が多く、素材の味を生かした淡白な味付けが特徴です。あんかけも上海料理に代表される一つです。上海蟹は上海料理の代表料理ですが、豚の角煮も上海料理の一つです。四川料理は辛い料理でおなじみです。夏は蒸し暑く、冬は寒い気候の四川ですので、香辛料を多く使った辛い料理が特徴です。

 

マーボードーフやタンタンメン、エビチリが四川料理の代表料理です。日本人に一番おなじみなのは広東料理かもしれません。山海ともに食材があり、味つけは少し甘く、フカヒレやツバメの巣といった高級料理も広東料理なのです。飲茶の発祥も広東と言われています。中国は大きく、これらの他にも沢山の地域で独自の食文化が沢山あるのです。

続きを読む≫ 2013/03/19 10:19:19

イタリア料理でもパスタは代表的な料理です。少し前まではパスタを食べる時にスプーンを使うのは日本人とアメリカ人だけだったといわれていましたが、今ではイタリア人でもスプーンを使う人が増えたそうです。確かに、増えたといってもスプーンを使用するイタリア人は少ないのですが、イタリアはフランスなどと比べて厳格なマナーが求められることが多くありません。

 

しかし、スプーンを使わないで上手に食べることができるのであれば、スプーンを使わずにパスタを食べたいものです。大都市であれば、観光客も沢山いるためにスプーンでパスタを食べることに対して寛容な場合も多いのですが、地方へ行くと、スプーンを使ってパスタを食べるなんてご法度という場所もあります。また、イタリアならではの面白い噂があるのです。基本的にはパスタを食べる時にフォークを使います。フォークで麺をくるくるまきつけるのですが、イタリアではフォークを時計と反対回りに回すと不幸になるといわれているのです。

 

多くの人は意識しなくても時計回りに回すことが多いと思いますが、もし時計と逆回りに回していたら少し気にしてみると幸せがやって来たりするかもしれませんね。イタリアはマナーが多少間違っていても気にしなく、楽しくワイワイ食べられればいいというお国柄です。昔のイタリアではパスタを手で食べていましたし、手づかみでパスタを食べている姿が乾燥パスタのパッケージに起用されているのもあります。しかしマナーをしって綺麗に食べられることに越した事はありません。

続きを読む≫ 2013/03/19 10:19:19

厳格なマナーが求められるイメージが強いフランス料理ですが、勿論マナーがあるのは日本料理も同じです。日本料理には会席料理や割烹料理など厳格な作法を求められる料理屋さんが数多くあります。日本人であれば日本料理のマナーを正しく知っておきたいものですね。基本的には大したマナーはなく、料理が出ていた順番に食べていくだけでいいのです。

 

最初に先付けが出ますが、お店によってはお通しや突き出しと呼ぶ場合もあります。その次に椀物が出ます。この椀物は、お通しやお酒を食べた口お椀ですっきりさせるための、口直し的な位置づけにあるのです。次にお刺身が出ます。お刺身の次に出てくるのが炊き合わせと呼ばれる煮物です。汁気のある煮物の場合、汁も一緒に飲んで構わないのです。炊き合わせに続くのが焼き物、そして揚げ物、蒸し物です。そして御飯、止め椀、香の物の前に酢の物が出ます。このような会席料理の場合、先に御飯を食べても構わないのでしょうか。

 

基本的に会席料理はお酒を楽しむためのお料理なのです。従って、お酒とお料理を楽しみ終わったあとに、最後に御飯が出てくるのです。そのため、御飯を食事の最初からいただく事はマナー違反とされています。日本料理では、蓋がついた椀物が沢山でてくる場合がありますが、全て元通りにかぶせましょう。日本料理の場合、ナイフやフォークを使って食事をすることがないため、フランス料理に比べるとマナーは簡単かもしれません。日本人だからこそマナーを守って綺麗に日本食をいただきたいものですね。

続きを読む≫ 2013/03/19 10:18:19