4大中華料理

4大中華料理

中華料理には沢山の種類があります。国が大きいため、様々な文化が生まれてきました。そのため、食文化も広大な国土と同じように沢山の種類があるのです。そのため、一言で中華料理といっても、色々な種類があるのです。

 

有名な中華料理には北京料理、上海料理、四川料理、広東料理の4種類あり、これらの4種類の中か料理のことを「中国4大料理」と呼んでいます。北京料理は北京を中心に広まった料理で、ブタや羊や鴨などと言ったお肉の料理が中心です。炒め物や揚げ物も多く、日本人におなじみの餃子や肉まんは北京料理の一つなのです。もちろん北京ダックも北京料理です。また北京は内陸部のため、シーフードが食材として使われる事はほとんどありません。逆にシーフードを多く食材に使うのが上海料理です。海にも近くエビやカニなどを使った料理が多く、素材の味を生かした淡白な味付けが特徴です。あんかけも上海料理に代表される一つです。上海蟹は上海料理の代表料理ですが、豚の角煮も上海料理の一つです。四川料理は辛い料理でおなじみです。夏は蒸し暑く、冬は寒い気候の四川ですので、香辛料を多く使った辛い料理が特徴です。

 

マーボードーフやタンタンメン、エビチリが四川料理の代表料理です。日本人に一番おなじみなのは広東料理かもしれません。山海ともに食材があり、味つけは少し甘く、フカヒレやツバメの巣といった高級料理も広東料理なのです。飲茶の発祥も広東と言われています。中国は大きく、これらの他にも沢山の地域で独自の食文化が沢山あるのです。

4大中華料理関連ページ

日本料理のマナー
日本料理のマナー
スプーンは日本人だけ?
スプーンは日本人だけ?