リサイクル,不用品

不用品回収車から流れるアナウンスを聞いただけでも、本当にいろんなものを回収してくれるんだなと思いますよね。回収できないものは実際にはないのではないでしょうか。

 

エアコン、扇風機、ラジカセ、ミシン、浄水器、ポット、ファンヒーター、アイロンなどの小型・中型の電化製品はもちろんのこと、洗濯機、冷蔵庫、マッサージ器などの大型家電も、大きさは関係なく回収してくれます。液晶テレビ、DVDプレイヤースキャナ、デジカメ、プリンターなど最新家電だけではなく、ブラウン管テレビ、ワープロ、VHSビデオデッキなど、一昔前の家電でも問題なく回収してくれます。

 

家電だけではありません。ゴルフセットや骨董品、布団、車いすにタンス、物干し台やベッド、それになかなか回収してくれる業者がいないとされている編み機やオルガンなど特殊なものも、全部回収してくれます。

 

部品がみんなバラバラになっているようなものや、破損状態が特にひどいものは回収してくれない場合があります。

続きを読む≫ 2013/03/19 10:14:19

休日になると、スピーカーからアナウンスを流しながら、住宅街をゆっくり走っている軽トラックをよく目にします。家の中にいても、そのアナウンスはよく聞こえてきます。

 

「こちらは不用品の回収車です。ご家庭でご不要となりました家電、家具などの不用品はございませんか」。大体こういうような内容のアナウンスを流していますよね。利用されたことのある人もいるのではないでしょうか。季節の変わり目や3月の引越しのシーズンなどは頻繁に見かけられます。

 

需要が多いということでしょう。アナウンスを流している車に声をかければ、家の近くまで来てくれます。ゴミ収集所に出せるようなものは、定期的に捨てる機会がありますが、それ以外のゴミ、例えば性質が特殊であったり、大型であったり、そういうものは処分に困りますよね。

 

自治体のゴミ収集センターへ持ち込めば基本的に有料ですし、大きなものや重いものは持ち運ぶのも大変です。こうした不用品の処分に困っているとき、不用品回収業者を利用するのです。

続きを読む≫ 2013/03/19 10:14:19

自分でいままでつかってきたものをリニューアルというか、リサイクルすることで、その物を捨てずに長く使うことができます。すべてを新しいもので取り揃えることがお洒落やかっこよさというのではありません。

 

金町でおすすめのブランド品高価買取店

 

すでに無用になったものや不必要なものから自分のアイディアで物をつくるというのも一つの才能でしょう。捨てる前になんらかの処置をしたり、またちょっとしたアレンジを加えるだけで新たな魅力的ななにかに早変わりなんてかなり素敵です。

 

 

 

しかもそれは既製品ではなくて、世界に一つしかないのですから、より愛着も高まろうというものです。もちろんそうした時間を持つ余裕がないということもわかりますし、限られた休みのなかで色々なことをこなしていかないと立ち行かない私たちの忙しい生活スタイルを考えると、やっぱり古い物は早く捨てて、新しいものを購入したほうがいい、むしろ時間の節約になるということもあるでしょう。

 

 

 

しかしながら自分で全てをリサイクルしたり賄ったり、ほとんどのムダを省いて賢く生活している人もなかにはいます。そうした人のほとんどは時間や生活に少し余裕があるような職種の方だったり、主婦の方だったりしますが、ときにそういった方の生活スタイルがテレビなどで紹介されるたびに、物の有効な使い方を教えられるような気がしてきます。

 

 

 

もちろんそういったリサイクルの達人のように暮らす、というのは不可能にしても、2、3個可能なことはまねをしてみて、ゴミの削減、リサイクル生活を心がけてみると気分がいいかもしれませんね。

 

 

続きを読む≫ 2013/02/23 11:24:23

当然の心がけではありますが、意外にできないのが普段からゴミを減らすように気をつけるということです。買い物のバッグは自前の物を持ち歩いて買い物袋を節約したり、魅力的ではあっても不必要なものは買わないように気をつけるなどの工夫をすることで、ゴミを減らすばかりが自分のへそくりも増やすことができるでしょう。

 

 

 

再生可能なものはもう一度使う、もしくは自分でなにかに作りなおしてしまったり、家具や家電の修理、家の修繕なども自分で済ましてしまうDIYなどの考え方も最近ではかなり普及してきていると思います。別に極貧生活、ケチ生活を送って下さい、といっているのではなく、ムダをなるべくなくして、より有効なお金の使いみちや資源の使いみちを考えましょうということです。

 

 

 

各家庭でもリサイクルされた紙やトイレットペーパーなどを使用している場合が多いかと思いますが、そうした商品は価格が安いだけではなく、まだ使えるもの、またリサイクルできたものをもう一度使うことで、木の伐採を防いだり、環境問題に貢献できたりしています。

 

 

 

ムダをなくすということがもしゴミの最小化、また資源の再利用に貢献できるのであれば当然そのほうがいいでしょう。

 

 

 

家計に余裕があるなしにかかわらず、なるべく大多数の人がゴミの削減やスムーズな再生ができるように気遣いを示せば、それがなにかしらの大きな力にはなります。石油の供給不安やガソリン価格の高騰が懸念されるいまだからこそ、色々な資源を大事に扱う、使用する気遣いが求められているということになりますね。

 

 

続きを読む≫ 2013/01/21 11:22:21

実際の生活のうえで様々なものが不要品になっても、このエコ先進国の日本では色々な方法でそれらの不要品を回収、そしてなんらかの新しい製品や売り物にしてしまいます。

 

 

 

すべてを再生できる訳ではなくても、そうした取り組みをしているということだけで、資源を有効に使っているということでそうした企業や産業のイメージアップにも繋がっているものです。

 

 

 

また、そうした再生技術や再生エネルギーの活用などもしきりに話題になっています。ゴミ問題が大都市を含めて日本、そして世界の問題になっていることを考えると、ゴミの削減、そして再生についてなんらかの劇的な解決法を見つけることは、世界の環境や経済問題に多大な影響をもたらすことは目に見えています。

 

 

 

いまでもゴミの中から様々な物質や液体や金属、そして有用な成分のみを抽出して、未来のエネルギーにしようという研究が毎日続けられています。一般人にはそうした研究に携わることが難しいですが、ゴミの分別など、そうした研究にすこしでも協力できることはあるはずです。

 

 

 

ゴミの分別ということがかなりの費用と、こうした資源再生のネックになっていることを考えたら、家庭でゴミをしっかりわけるということを徹底することなど、大したことではないでしょう。ゴミを資源として再生していくということは、やはり私たちの協力なしにはできません。

 

 

 

一番の貢献は、まずムダなものを買わない、ゴミを少なくするということですが、毎日の消費生活のなかでそれが難しい場合には、やはり最小限のモラルは発揮して、資源としての再生のお手伝いをしたいものです。

続きを読む≫ 2012/12/25 11:20:25

もう自分にとっては必要がないし、すでにそれが場所塞ぎになっていて捨てたくて仕方がないものがあるでしょう。沢山のディスク、フロッピー、CDやDVDなどのメディアも、塵もつもればでどんどん増えるばかりで部屋のスペースを圧迫していることもあるし、かなり大型のディスクトップパソコンが部屋にでんと居座っていて、部屋のほとんどのスペースを使ってしまっていることもあります。

 

 

 

こうしたものは割に捨てるに捨てられないものです。そしてその多くの理由がすべてのデーターや個人情報を消すのが面倒、時間がない、どれを保存してどれを残すかの選択や分別が面倒というのがありますね。

 

 

 

当然それらの作業をするのはちょっとした時間が必要、そうなると延期の連続になってしまいます。それらのパソコン、メディアに保存されているデーターの取捨選択はどうしても自分でやらないといけないにしても、その後のクリーンアップやOSのリカバリー、データーの消去を請負ってくれる業者があります。

 

 

 

当然有料になりますが、自分の個人的な情報が含まれているものですから、やはりそのままなんの処置もしないで廃棄処分というのもちょっと気になります。

 

 

 

なかには無料で引き取って処分しますという業者がいるにはいますが、実際にそのパソコンなどが引き取られた後にどのように扱われるかというのは未知数ですから、用心に越した事はないのは、個人情報保護の問題がクローズアップされる現代では当然考えるべきことです。

 

 

続きを読む≫ 2012/11/23 11:19:23

中古パソコンの買い取りというのもかなり頻繁に行なわれています。そして新しいパソコンに買い替え時期になったら、いままで使っていたパソコンを下取りに出して、新たなパソコンの購入代金にあてるという方も少なくないでしょう。

 

 

 

中古パソコン市場は、新品と同じくらい需要の多い市場で、自分が欲しいパソコンがあってもちょっと新品だと価格的に厳しい、または予備のパソコンが欲しいけれども新品である必要はなく、気軽に使いこなせるものが欲しいなどの需要にも対応しています。

 

 

 

また新品のパソコンを買ってみたはいいものの、OSの違いやなにか不具合を感じて、新しいパソコンに馴染む事が出来ずにやむを得ず買い替えるなどのこともあるでしょう。中古パソコンも中身は新品同様、きちんとクリーンアップされていますし、ハードディスクさえしっかり動けば問題ありませんし、場合によっては自分でHDD交換、メモリを増設することで快適な環境をつくりだすことができます。

 

 

 

パソコンにかなり詳しい方からそうでもない方まで、基本的なパソコンの事さえ分かっていれば、その用途や条件によって買う機種は色々に分かれるかとは思いますが、中古パソコンの価値についてもう一度しっかりと認識していただきたいと思います。

 

 

 

パソコンを廃棄するまえに、ちょっとお待ち下さい。そのパソコン、自分で思っているよりもずっと価値があるものかもしれませんよ。ただしハードディスクは消耗品で、その寿命は3年から5年とも言われますので、中古を買う場合はできればハードディスクの状態をチェックするのが望ましいでしょう。

 

 

続きを読む≫ 2012/06/25 14:48:25

リサイクルや不用品の再資源化、不用品回収業者についてあれこれと説明してきましたが、これらについて理解していただけたでしょうか?不用品廃棄、どれだけ大きなものでも特殊なものでも、廃棄できないものはありません。

 

 

 

自治体の粗大ゴミ、各メーカーでの回収、または不用品回収業者を利用すれば、あなたが処分したいと思っているものは確実に処分することはできます。

 

 

 

しかし、処分する前に一度じっくり考えてみてください。あなたが捨てようとしているもの、それはもう本当に使えないものですか?

 

 

 

本当はまだ使えるけれど、新しく最新技術が搭載された型が発売された、今のものはデザインが古いからなどという理由で、使えるものを捨てようとしていませんか。

 

 

 

一人ひとりが物に対する意識を変えて、今持っているものをなるべく長く、大事に使うようになれば、日本のゴミも大きく減少するはずです。子どもたちに、後世に美しい地球を残してあげるためにも、あなたが今捨てようとしているもの、もう一度見直してみませんか?

 

 

続きを読む≫ 2012/03/27 11:20:27

一番良いのは、悪徳業者と出会わないことです。しかし運悪く出会ってしまうということもあります。そういったときの対処法をいくつかご紹介しましょう。

 

 

 

まず一つ、「見ないとわからない」というような業者には気をつけましょう。不用品回収業者もプロですから、電話で製品名と型番を聞いただけでも大体の金額は提示できます。

 

 

 

それを「見なければ見積もりは出せない」というような業者は、むりやり押し入って高額支払いを要求するような悪質な業者が多いです。不審に思ったら、容易に住所を教えないでください。

 

 

 

次に、「持ち込みたいと言ったら断られた」という業者は、悪質である可能性が高いです。なぜなら、店舗所在地がない、または居所を明かしたくないという理由と、回収費用の他に運搬料や人件費などで高額な利益を上げようとしているためです。

 

 

 

嘘でもいいので「持ち込みOKかどうかを確かめてみるのも良いアイディアですね。高齢者や女性はなるべく家族がいる時間に回収を頼みましょう。

 

 

続きを読む≫ 2012/02/26 11:18:26

一番わかりやすい選び方としてホームページがあります。しっかりしたホームページがあり、どのようなサービスを行っているのかが一目瞭然というような業者は安心して任せることができるでしょう。
 

 

ホームページでチェックしたいのは、どのようなものを取り扱っているのか、料金、回収を行える地域、問い合わせ先がしっかり明記されているかどうかです。

 

 

 

あとは会社情報、国から特定商取引などの許可が下りているかどうかなど、会社の土台がしっかりしているのかどうかも見極める必要があります。

 

 

 

あとは会社のモットーや特徴などを掲げてあったり、社長や店長の声、顧客からの質問に答えるQ&Aなどがあると、会社の様子がとてもよくわかりますよね。

 

 

 

回収した品物がどのような流れでリサイクルされているのか、資源化しているのかをわかりやすく説明してくれていると、とても信頼できるような印象を受けます。チラシでしか情報を得られないような業者は少し不安を感じますよね。

 

 

続きを読む≫ 2012/02/11 11:17:11

不用品回収業者の選び方を引き続き紹介します。次は、夜間も回収してくれるかどうか。最近ではどんなサービスも夜間(9時頃)まで行っていますよね。

 

 

 

毎日仕事で帰りが遅い人のために、夜間の回収も行っているような業者はサービスが行き届いた業者だと判断できると思います。次に、他店の見積もりを持っていけば値段交渉に応じてくれるという点です。

 

 

 

大手の電器店でこのようなサービスを行っていますよね。そういうサービスができるかどうかで、業者の懐の大きさ、土台がしっかりしているかどうかなどを判断することができますよね。

 

 

 

次に、即日回収してくれるかどうか。不用品回収業者の間では、相当込み合っていない限り、連絡があれば即日回収するということが基本となっています。

 

 

 

何日も待たされるというような場合は少し疑ってかかりましょう。次に、一品からでも回収してくれるかどうか。これはとても大切なポイントです。一品だと回収できないというような業者は悪徳業者である場合が多いです。

 

 

続きを読む≫ 2012/01/27 11:16:27

チラシや走っている軽トラを見るだけ、アナウンスを聞くだけでは、どの業者が良い業者で、どの業者が悪い業者なのか、判断が難しいですよね。

 

 

 

以前、不用品回収業をしていた方から、良い不用品回収業者を見分ける方法について聞いてみました。まずは電話にすぐ出られるという点。

 

 

 

電話をかけてもなかなか出ないという業者は、片手間でやっているか、都合が悪いから電話に出ないというのがほとんどです。気をつけましょう。

 

 

 

次に、電話やメールでの対応が丁寧かどうか。これはどの場面でも共通して言える問題ですが、電話での対応というのは人間性がよく表れます。

 

 

 

対応に不満を感じたり、悪い感じがしたら、その業者を利用するのはやめましょう。人間のそういったある種の「勘」というものは、とても信頼できるものです。

 

 

 

次に、見積もり相談が無料であるかどうか。しかし、見積もり無料とうたっていても、後々請求されるというトラブルもありますので注意が必要です。

続きを読む≫ 2012/01/12 11:15:12

循環型社会を目指し、社会全体が資源を大切にしようという流れになっている昨今、家庭や会社でのリサイクルの意識は昔にくらべかなり高くなってきています。

 

 

 

ですから家庭や会社から排出される不要品がリサイクルされ、中古品として利用されたり他の品物に新しく生まれ変わるという流れがだいぶ浸透してきました。

 

 

 

そういった流れを悪用して、品物や費用を騙し取るという事例も比例するように年々増加しています。廃品回収業者とのトラブルの相談件数は、2002年度で141件だったのが、2007年度では220件と、増加の一途をたどっています。

 

 

 

こういったトラブルに巻き込まれたくない場合は、自治体の粗大ゴミ回収などを利用されるほうが賢明です。安易に廃品回収業者に処分を依頼するのは、トラブルの原因になります。

 

 

 

もしトラブルに巻き込まれた場合は、最寄の消費生活センターに相談しましょう。詳しくは国民生活センターのホームページなどをチェックしてください。

 

 

続きを読む≫ 2011/12/28 11:14:28

実際にどのようなトラブルが起こっているのか、消費生活センター等に寄せられた事例をいくつかご紹介します。

 

 

 

【事例1:無料と思って呼び止めたら、後で有料だと言われた】無料で回収するというアナウンスを聞いて呼び止め、テレビの回収を依頼。回収費用は2,000円かかると言われた。無料ではないのかと聞くと、すべてが無料な訳ではないと威圧的に言うので断れなかった。

 

 

 

【事例2:車に積んだ後で、見積もりの2倍以上の料金を請求された】チラシに「見積もり無料」とあったので電話をして、電話をしてきてもらい見積もりをしてもらった。10万かかると言われて、詳しい説明はなかったが了承。

 

 

 

品物は全部で15点ほど。全部運び出した後で、「思ったより多かった」といい、見積もりの倍以上の23万を請求してきた。引越しを控えていたので後戻りはできず、納得できないまま全額支払った。

 

 

 

【事例3:業者が回収した物が不法投棄されていた】料金を支払って回収してもらったのに、後日道路脇に捨て去られているのを見つけた。

 

 

続きを読む≫ 2011/12/18 11:13:18

不用品回収業者に対する不安、心配事はみなさん同じだと思います。この業者が悪徳な業者だったら、違法な業者だったらどうしよう、ということではないでしょうか。

 

 

 

確かに悪徳な業者、違法な業者は多く存在します。無料回収をうたいながらも、回収後に法外な費用を請求する業者であったり、回収したものを不法投棄する業者であったり、「産業廃棄物収集運搬業許可」の許可証を持っていないような違法な業者も存在します。

 

 

 

多くの人がこの手の悪徳業者の被害にあっていると聞きます。こういった噂はすぐに広まるので、大勢の人の中に不用品回収業者に対する不信感があるのは当然だと思います。

 

 

 

被害を受けないためには、不用品処理に対する確かな知識と情報を収集することが大切です。不用品はあなたが出したゴミです。あなたの責任下でしっかり資源化・処理されなければいけません。

 

 

 

ですから業者を選択するときもあなたの責任で、ちゃんとした業者に任せられるようにしましょう。

 

 

続きを読む≫ 2011/12/08 11:12:08

不用品・粗大ゴミがやっかいなところな、なんといってもその大きさ。大きいので必然的に重くもある。

 

 

 

そういった重くて大きなものを処分するのは大変ですし、一人では無理な場合もあります。そうなると料金の次に「便利さ」も気になるところですね。業者と自治体を「便利さ」の面で比較してみましょう。

 

 

 

自治体で粗大ゴミとして処理をお願いするときは、指定された日時に自ら持ち運ばなければなりません。ゴミ処理券を指定取扱店で購入する必要がある自治体もあります。これはかなりの手間です。

 

 

 

その点回収業者は電話やメール1本で駆けつけてくれます。近所を流れるアナウンスを聞いてすぐに引止めに行くということもできます。重いもの、大きいものは業者さんが搬出してくれるので、簡単さで選ぶと回収業者が有利ですね。

 

 

 

それに回収業者の場合、回収する日と時間をこちらから指定することができます。自治体の場合はそうはいきませんね。こちらが指定日に合わせるという形になります。

 

 

続きを読む≫ 2011/11/28 11:10:28

不用品業者をやっていた人に聞いてみると、その答えは「ものによる」だそうです。以下はK市の大型ゴミ処理の手数料です。

 

 

 

扇風機、オーブントースター、湯沸かし器など400円、乾燥機、机、車いすなど800円、2段ベッド、カラオケ演奏装置、マッサージ器など1,200円、オイルヒーター、オルガンなど1,600円、食器棚、本棚、ベッドなど2,000円、タンス、物置、マットレスなど2,400円。家電リサイクル法に指定されている家電や、パソコンなどはそれぞれ指定の料金を支払うことになります。

 

 

 

不用品回収業者の場合は、これより安い場合と高い場合と、業者によって大きく変わってくるようです。安く処理してくれる業者を探すことが大切になってきます。

 

 

 

業者の場合、物によっては無料で回収してくれるものもあります(ミシンやラジカセなど、資源としての価値が高いもの)。本棚やタンスなどは業者より自治体のほうが安い場合が多いようです。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/11/18 11:09:18

不用品が家に溜まってくると、それはちょっとしたストレスになりますよね。早く処分したいけど、大きいのを運びだすのも億劫だし、処分にいくらかかるのかと思うと少し怖くてなかなか行動に移せない。

 

今なにかと話題の横浜にある家具です

 

置きっぱなしにしておくこと自体なんとなくすっきりしませんし、大きなものは部屋のスペースもたくさん使うし。少しでも早く廃棄したいですよね。廃棄する上で問題となる回収費用ですが、廃棄する前にあらゆる手段で見積もりをだすことをおすすめします。

 

 

 

市町村にお願いする場合は、自分で計算しなければいけません。各市町村のゴミ処理に関する部署に問い合わせてみましょう。多くは重さで料金が決まるそうです。

 

 

 

電器店などで下取り・回収をお願いする場合、リサイクル料と運搬費用など、かかる費用をすべて算出してもらいましょう。不用品回収業者の多くは無料で見積もりしてくれます。

 

 

 

業者のホームページや電話などで確認するのもいいですし、走っている軽トラを呼び止めてお願いしてみてもいいでしょう。

 

 

続きを読む≫ 2011/11/08 11:08:08

不用品回収業者の方に話を聞くと、一番得をする廃棄物はエアコンなのだそうです。エアコンを廃棄したい場合は、「家電リサイクル法」にのっとり、購入した電器店、または近くの電気屋さんにお願いすることになります。

 

 

 

リサイクル料だけで2,625円。それに運搬料もかかります。それだけではありません。エアコンを取り替えたいとしても、自分の手で取り外すことができますか?難しいですよね。

 

 

 

取り外しもお願いするのであればもちろんその「手間賃」もかかります。すべて合わせると1万円以上になる場合があります。しかし不用品回収業者の場合、無料で買い取ってくれることが多いです。型が新しかったりする場合は買い取ってくれることもあります。

 

 

 

なぜ無料で回収してくれるのでしょう。それはエアコンの中には銅やアルミなど、再利用できる資源がたくさん含まれているからなのです。東南アジアなどで売ることができるのだそう。

 

 

 

同じような理由で給湯器も無料で回収してくれる場合もあるそうです。

 

 

続きを読む≫ 2011/11/01 11:07:01

「PCリサイクル」マークがついているパソコンについては、どこで廃棄しても基本的には無料。廃棄のための料金は必要ありません。

 

 

 

費用が必要となってくるのは古い型のパソコンですが、これはパソコン専門の回収業者、不用品回収業者でしたら無料で廃棄してくれるところも多いです。

 

 

 

なぜ料金を支払わなくてもいいのか、それはパソコンの中に再利用できる資源がたくさん含まれているからなのです。アルミや銅、それに基盤部分には希少価値の高い金や銀などのいわゆるレアメタルと言われる金属が含まれています。

 

 

 

それを取り出して資源として売ると、それなりの高値がつくんです。ですからお客さんから料金をもらわなくても商売として成り立つということなのです。不用品回収だって慈善事業でありませんから、そういった商売のからくりというのがちゃんとあるんですね。

 

この前紹介してもらった横浜のカーテンはここだよ

 

廃棄にかかる料金が高いと、みな不用品を出し渋る。だから廃棄・回収する料金を無料、または極力安くして、たくさんの不用品を集めるのです。

 

 

続きを読む≫ 2011/10/25 11:06:25

「PCリサイクル」施行後、新しく発売されたパソコンについては、購入時の金額に「リサイクル料金」が含まれています。

 

 

 

あなたのパソコンの画面、あるいは本体部分に「PCリサイクル」というマークがついていれば、そのパソコンを廃棄する際に別途リサイクル料金を支払う必要はありません。

 

 

 

マークがついていない、法施行以前に購入した古いタイプのパソコンは、廃棄する際にリサイクル料金を支払わなくてはならなくなります。料金は3,150円から4,200円です。

 

 

 

パソコンの廃棄の仕方は基本的にパソコンメーカーに依頼することになっています。メーカーが回収して資源化します。パソコンメーカーが倒産して現在存在しない、自作のパソコンというように、受け取り先がない場合は「パソコンリサイクル推進協会」が回収してくれます。

 

 

 

一般の回収業者を利用することもできます。さまざまな不用品を回収しているような業者のほかに、パソコンだけを扱っている業者もいます。

 

 

続きを読む≫ 2011/10/18 11:05:18

「家電リサイクル法」とは別に、「PCリサイクル法」というのもあります。そうです、名前の通りパソコンをリサイクルするための法律です。パソコンの場合は「家電リサイクル法」とは少々異なります。
 

 

「PCリサイクル」は平成15年10月1日から施行されています。たとえ動かなくなったとしてもパソコンこそ再利用できる資源の宝庫。パソコンの中には資源化しやすい部品や、いわゆるレアメタルと呼ばれる希少金属が含まれています。

 

 

 

それをそのまま捨ててしまうのはもったいない!それに、現在のパソコンの普及率を考えると、リサイクルしない場合の廃棄量は年々増え続けていくでしょう。

 

 

 

循環化社会の実現のためにも、パソコンはリサイクルされなければならないのです。法施行以降新しく売られているパソコンについては、購入時にリサイクル料を支払うというシステムになっています。

 

 

 

それは「PCリサイクルマーク」がついているかどうかで分けることができます。

 

 

続きを読む≫ 2011/10/11 11:04:11

家電リサイクル法に適応される家電は、洗濯機、冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、テレビ、この4点です。家電リサイクル法制定前は、消費者が捨てたこれらの家電は、販売店や市町村のゴミ処理施設に集められた後、処理業者に渡りほとんどはそのまま埋め立てられていました。

 

 

 

法制定後は、販売店や市町村に集められた後、家電メーカーの下へ集められ、材質などにより分別され、資源として再利用されます。販売店や市町村、回収業者に回収をお願いする際、分別・再利用にかかる費用を「家電リサイクル料金」として消費者は支払うことになります。

 

 

 

エアコンでしたら2,625円、洗濯機は2,520円、テレビ1,785円〜2,835円、冷蔵・冷凍庫が一番高く3,780円〜4,830円となっています。これ以外にも運搬にかかる費用が必要となり、この二つをあわせた金額を支払います。

 

 

 

郵便局で購入できる「家電リサイクル券」を利用すると、販売店や自治体への処理依頼を効率的に行うことができます。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/10/04 11:03:04

不用品回収業者について知る前に、不用品回収にまつわるさまざまな事柄について知っておくことが必要です。家電リサイクル法も、家電を廃棄する上で必ず知っておかなければならないことですので、ここで簡単に解説させていただきます。

 

 

 

一般家庭や企業から出されたゴミは、これまでそのほとんどが土に埋め立てられてきました。しかし、日本のこの国土の狭さです。埋立地には限界があります。新しく埋立地を作ろうにも場所がなく、住環境を懸念する住民たちの反対の声も大きくなり、ゴミを埋め立てることが容易ではなくなってきました。

 

 

 

アルミやスチールの缶や、ペットボトル、ビン・ガラスなどはだいぶ以前からリサイクルされていましたが、家電もリサイクルが可能な廃棄物としてスポットが集まるようになりました。

 

この前紹介してもらった東京の仕出しはここだよ

 

不用品として捨てられた家電の中には、再び利用することができる有用な資源がたくさん含まれているからです。こうして家電リサイクル法は誕生することとなったのです。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/09/26 10:36:26

みなさんが不用品を回収される際に最も気にされることはやはり料金ではないでしょうか。ゴミや不要品を処分するのにお金を支払う、これに対してもったいないな、損だな、という考えがどうしても芽生えてしまいます。

 

京都 花屋

 

ですから不法投棄などの犯罪は後が絶えないのですね。なるべくなら安く、可能なら無料で回収してくれないかなと、誰しもがそう思っているはずです。家電の場合は、「家電リサイクル法」という法律が平成13年4月1日から施行されるようなってからは、家電を廃棄する際には必ず「リサイクル料」というものを支払わなくてはならなくなりました。

 

 

 

それぞれのリサイクル料金と運搬料金などを含めて支払うのです。これが結構な値段するんですよね。みなが出し惜しみするのもうなずけます。もちろん家電以外の大型家具などの不用品も処理費用がかかります。

 

 

 

自治体が行う回収は、自治体ごとに費用の設定は異なりますが、多くは重さごとに値段が変わってくるシステムになっているようです。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/09/26 10:34:26